臨床心理士による専門的なカウンセリング・サービス機関

やまき心理臨床オフィス 立川

カウンセリング予約フォーム

TEL 042-523-8240

アクセス

火・木 10:00-16:00が比較的繋がりやすいです。

止められない癖に関する相談

ネットゲーム依存に対するカウンセリング



ネットゲーム依存が問題になってきているが、カウンセリング機関が少ない

 近年、インターネットやスマートフォンの普及により、いわゆる「ネットゲーム依存」が社会問題となってきています。これは、世界保健機関(WHO)が病気の世界的な統一基準である国際疾病分類の最新版(ICD-11)に初めて「Gaming disorder」を盛り込むことを検討していることからもわかります。 日本では、ネット依存の中高校生は全国で推計51万8千人に上るとする研究が2013年に出されました。年々、インターネットやスマートフォンの普及率が高まっているため、今後もネットゲーム依存が増加していくことが予想されます。

 また、夜にネットゲームをして昼夜逆転となり、学校や会社への休みが増え、不登校や引きこもりになる、ゲームの購入や課金のために家族のお金を盗る、無理やり取り上げられて暴れる等の問題が起きてきています。

 しかし、ネットゲーム依存の治療やカウンセリングを行っている医療機関や相談機関は全国的にもまだまだ少ないのが現状です。


対 応

 ネットゲーム依存の対応として一般的に以下のようなものが挙げられることが多くあります。

1. ルールを購入前に決める。
2. 使用時間・場所・金額を決める。
3. ルールを守れなかった時の罰則も決める。
4. ルールや罰則を書面に残す。

 しかし、これらの対応をする前にネットゲームにはまってしまうと、その後から制限することは難しくなります。また、当初はルールを決めていても、ネットゲームにはまっていくにつれてルールを破るようになることもあります。 ネットゲーム依存になる理由、やめられない理由は様々です。ご本人の特性や事情を丁寧にお伺いしながら、その方に合った対応を一緒に考えていきます。  


ご家族への支援

 ご家族がネットゲームをやめさせようとしてもうまくいかず、医療機関や相談機関にご本人を連れていこうとしても、ネットゲーム依存では、ご本人がカウンセリングに行くことを拒否することも少なくありません。

 その場合は、まずご家族だけでカウンセリングにいらしてください。