臨床心理士による専門的なカウンセリング・サービス機関

やまき心理臨床オフィス 立川

カウンセリング予約フォーム

TEL 042-523-8240

アクセス

火・木 10:00-16:00が比較的繋がりやすいです。

心身の悩みに関する相談

トラウマ

 「トラウマ」という言葉は、すっかり世間で知られるようになったので、会話の中で使っている人も多いと思います。一般には、大きめのストレスを指して使われますが、専門家の間ではもう少し意味が狭いです。人が対処できる範囲を超えた出来事に遭ってしまい、様々な不調が持続的に出てくる場合に使われます。トラウマとなりうる出来事としては、自然災害の被害や、犯罪の被害、虐待、DV(ドメスティックバイオレンス)などがあげられます。

 トラウマのカウンセリングについて >>

抑うつ

気分の落ち込みが強い状態のことです。

落ち込んで、物事を悪い方にばかり考えてしまう方もいますし、やる気が出なくなる方、前まで楽しめていたものが楽しめなくなってしまったという方もいます。さらに抑うつがひどくなると、死にたいという気持ちが出てくる場合もあります。

そのような状態になり、自分はうつ病になってしまったのではないか?そうなる前に何とかしたいと来られる方もおられます。

気分の波が激しい

気分が落ち込んでしまう時と、活動的な時の差が大きい状態です。

そして、それらの浮き沈みが交互に来ます。 活動的な時期にしてしまった行動を、沈んだときに振り返ってあれこれと考えてしまい、後悔し、自分を責めることがあるようです。 大抵は、そのような波に、ご本人自身が振り回されて、困っています。

不安が強い

他の人が気にしないようなことでも気になってしまい、心配が高じてしまう状態です。

大抵は、先のことについてあれこれシミュレーションして、最悪な事態を考えてしまうようです。 そのように考えて不安になることに疲れてしまう。

けれど、考えないようにしようとしてもなかなか上手くいかなくて、ついつい考えてしまうというお話を度々お聞きします。

感情コントロール

気持ちのコントロールが難しく、後から考えてみれば「何でああなってしまったんだろう?」というような行動をとってしまう状態です。

怒りのコントロールが悪い人は、周囲の人も、そのような言動に振り回されますが、ご本人も自分を持て余していることが多いようです。

また、自分でも理由が分からないけれど、突然涙が出てきてしまって止められないという方もおられます。

拒食や過食

食べることに対して、拒否的になって食べなくなったり、ある時に、一度に多量に食べてしまったりという状態です。

拒食だけの人もいますし、拒食と過食を繰り返す人もいます。 食べなきゃいけないのは分かっているけれど、太るのが嫌。○○kg以上になるのが怖いという方もいらっしゃいます。

また、そもそも自分は太っていなくて、まだまだ痩せなきゃいけないけれど、周囲が太らせたがるという方もいらっしゃいます。 ご本人だけでなく、心配した周囲の方が来られる場合も多いです。

抜毛

自分で、自分の髪の毛を抜いてしまうことを言います。

特別、意識していないうちに抜いてしまうと言う方が多いです。中には、抜いた髪を食べる方もおられます。 人から指摘されてもなかなかやめられないようです。ストレスに対して我慢強い方が多い印象を受けます。

チック・吃音

チックは、自分の意思とは関係なく身体を動かしてしまうことです。
まばたきをしたり、首を傾けたり、声が出てしまうという方がおられます。

吃音は、言葉のはじめにつっかえて何度も同じ音を言ってしまうことです。一般にどもりと言われていることです。 言葉がつっかえるために、そうなっていることに焦り、さらに緊張が強くなってしまうようです。

自分の性について違和感を抱えている

自分の性が、本来とは違うものではないか?という感覚を持っている状態です。
違和感はあるけれど、はっきりしないという相談もありますし、はっきりと違和感を感じているけれど、家族に打ち明けられない。

または、打ち明けることはできたけれど、受け入れられなくて苦しいという相談もあります。

また、その他のご相談はお問合せください。
相談内容