臨床心理士による専門的なカウンセリング・サービス機関

やまき心理臨床オフィス 立川

カウンセリング予約フォーム

TEL 042-523-8240

アクセス

火・木 10:00-16:00が比較的繋がりやすいです。

条件反射制御法

 条件反射制御法は、2006年に下総精神医療センターの平井愼二先生によって開発された方法で、薬物依存症、窃盗癖、盗撮・痴漢行為など、「やめたくてもやめられない」行動への治療として効果が確認されています。

 条件反射制御法の理論によると、「やめたくてもやめられない」行動というのは、動物的脳によってなされるものであり、「もう二度とやらない」と固く誓ってもやめることができないのです。「もう二度とやらない」という思考は人間的脳によってなされているものだからです。

 例えば、「レモン」が目の前に出てきて、レモンの香りが感じられると「よだれ」が出てくるでしょう。この時に「よだれを絶対に出さない」と固く誓ったところで効果がありません。これと同じような原理が「やめたくてもやめられない」行動において生じているのです。

「やめたくてもやめられない」行動をやめるためには、本人の反省を促したり、家族への愛情を意識したりして予防につなげるだけでは不十分であることも多く、「やめたくてもやめられない」行動につながるような刺激の特定とその反応を制御する事が必要なのです。

 当オフィスでは、「やめたくてもやめられない」行動に対するカウンセリング技法として「条件反射制御法」を行っています。

盗撮・痴漢行為に対するカウンセリングについて >>

カウンセリング方法
詳細は各項目をクリック >>